輸入者がいない輸入?なんだかイメージが湧きづらいですね。

具体的にどういうときに、輸入者が存在せず、ACPサービスが使われるのかを見てみましょう。

DDP

購入者が通関済みの商品を国内取引として購入することを希望する場合は、貿易条件はDDP(Delivered Duty Paid)となります。その場合、海外の企業の名義で輸入通関をします。

自社の所有物として保管する場合(サーバー、展示物など)

インターネットサーバーや、展示会用のサンプルやディスプレイなど、販売目的ではなく、自社の所有物として保管するものの場合、輸入者が存在しません。よって、非居住輸入者として輸入する、つまりACPが必要になります。

輸入時に購入者が決まっていない場合

委託販売や、海外セラーが日本に在庫を置いて、販売する場合。

FBA(Fulfilment by Amazon)など、多くの非居住輸入者による貨物がこのケースに該当します。

Contact お問い合わせ

Call Us for More Information
お気軽にお問い合わせください。
+81-45-263-8837
Top

Contact Us for Any Questions
お気軽にお問合せください

Call Us at  お電話でのお問合せ

+81-45-263-8837

Contact us 24 hours via the form below.
問合せフォームは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Updates 新着情報

2020/08/31
English website is now open.
英語版を公開しました
Aug. 25th, 2020
User Voice page is added.
「お客様の声」を追加しました。
Aug. 23rd, 2020
Our Japanese website is now open.
ホームページを公開しました